伝統耐震のQ&A

伝統耐震診断とは普通の耐震診断とはどう違うのですか?

P1110531 copy伝統耐震診断は簡単に説明すると、地盤と建物の微振動を捉える為に地震計のような測定器を設置して建物の揺れを現地で測定し、建物が大きな地震が起こった際にどのように変形していくかを解析します。
通常の耐震診断は図面上で壁の強さを配置を計算するだけなので本当に地震に強いかどうかは施工技術やそもそも図面が正確なのか不明点が多いため実証が難しいのに対して測定数値で強さが見えるため安心感が違います。
また、例えば耐震改修工事後にも再度実測する事で本当に強くなったかが判ります。

 

 

耐震診断で補強方法も判るのですか?

P1110541 copy伝統耐震診断をおこなうと報告書でどこが地震に対して弱い場所かが特定できます。
それにより効率的な補強工事が実施可能です。また耐震改修に関しては古民家に精通した建築士で伝統再築士という資格を持ったものが耐震改修をおこなう事ができます。

 

 

耐震診断を受ける費用はいくらですか?

診断は施工前、施工後診断を行なうことを必須とし、12万円(消費税・交通費別途)です。
※建物の構造・面積によって変わる場合がございます。
※場所によっては対応できない地域もございます。

 

 

耐震診断を依頼するには?

地域の支部並びに運営事務局にご連絡下さい。